FC2ブログ

待ちぼうけ?

雑談の中で、会社が元気になり、働く人がイキイキと活動して、業績が安定成長するには、どういう要素が必要なのか?という事が投げ掛けられた。話の中で、私は、心構えとか、気持ちとか、動かそう、頑張ろう、変えよう、などの行動の素が必要だと言った。それを受けて、その人は、成長の為、○○万円経費削減とか、○%経費削減とか、○%売上UPとかの数字のコントロール、管理、チェックも必要だと。そして、何をどこに、どうやって売るのか?という方法も必要だとも。私もその意見に賛成する。

今あるたいはんの会社は、考え方・思考のあり方の研修とかに力を入れ、働く人達にその思考の枠に取り込もうと大金を注ぎ込んで実施している。(考え方は、間違って無いと思うが、実践しなければいけないのは、本当は上層部の方だ。)ある会社では、前年対比や過去データから、これからを見据えると、今年度の利益目標を達成するが為に、○%経費削減をやろう!と周囲に言う。その目標の為にどの部署も同じように、「○○を削ります。」「○○を減らします。」と具体的な数字を掲げて行おうとしている。その中で、新しい芽(新規事業)には未来を託す上で、育てる義務がある(会社を動かす為に、利益が必要だから新しい利益を生むチャンネル)、そこには経費を使うことにする。皆が、頑張って生み出した利益はその新しい芽に注ぎ込まれる。それでも、新しい芽は成長する為に、栄養が足りない。皆に、もっと頑張れと上の者はハッパを掛ける。これが、一年二年ならまだしも、数年続く、そして、いつまでこの状態が続くのか?期限は設定も提示も無い。原料や人の消耗戦に入っている。どの部分が、この戦いに耐え続けるのか?

会社の上層部は、新しい事をやっている。だから、その新しい事が軌道に乗るまで、「皆、頑張れ」という。でも、「売る」やり方・方法は、昔となんら変わっていない。それで、良いと考えている。やる事をやってるのだから、後は待つだけだと。その「売る」やり方・方法でやって来て、今の状態なのだから、これからも変わるとはとても思えない。奇特な方が大量に購入してくれない限り、状況は変わらない。「待ちぼうけ」を続けている。どこも、同じ思考、方法で「売る行為」をしている。新たな方法を試す努力をしていない。
 そう、「面倒くさがって、しないのだ。」
「売れる方法」なら試す。「売れるか?売れないか?分からない方法」なら、しない方が良いという思考に終始する。そんな都合の良い話など無い。

まずは、リスクの小さい規模で「売る」テストを繰り返し、その中から反応が有ったものを改良して、精度を上げる。その繰り返し。自然と数字は上がって行く。後は、規模を大きくすれば、良いだけだ!
必要な場所に、お金と人と物を集中して、利益を生み出す素を作り、そして、強化、成長させれば、良いはずだ。
それと、やらない決断も必要だ!!
     ↓↓↓
ガトウリアホームページを見に来てください!!
スポンサーサイト



テーマ : ☆経営のヒント☆
ジャンル : ビジネス

QRコード
QRコード
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる